ベトナム人の採用と雇用に関する記事一覧

日本では、ベトナム人をはじめとした外国人労働者の増加が顕著です。厚生労働省の統計データによる2018年10月末段階での数字では、現在日本には1,460,463人の外国人労働者が働いており、そのうちベトナム人が占める割合は、中国人に続いて2位(21.7%)となる316,840人となっています。また、産業別にみると建設業従事者が31,949人(10.1%)、製造業115,223人(36.4%)、情報通...

日本における労働者人材不足は深刻さを増しており、昨今は外国人労働者の雇用なしには成り立たなくなっている産業も存在しています。そんな中ベトナム人やネパール、フィリピンといった国からの労働者は増加傾向にあり、特にベトナムの労働者人口の伸び率は対前年比31.9%増(2018年度)と最も高い数字となっています。このようなデータを裏付けるべく、勤勉でまじめなベトナム人を採用したいという企業は年々増えており、...

日本国内ではエンジニア不足が深刻な問題で、採用広告をはじめとした採用活動をどれだけ行ってもなかなか良い人材を獲得できないのが現状です。そのような状況を踏まえ、近年ビジネスのグローバル化が加速するにつれ、外国人の人材登用が日本でも活発になってきています。特にエンジニアの採用においてはその勢いは増すばかり。中でも急激に増加しているのはベトナムやネパール人の採用です。今回はベトナム人の採用がグローバル化...

厚生労働省のデータによると、2018年10月の段階で日本では1,460,463人の外国人労働者が働いています。その内訳は、中国人が1位(26.6%)、その次にベトナム人(21.7%)、フィリピン人(11.2%)と続いています。※参照:厚生労働省「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(https://www.mhlw.go.jp/content/11655000/000472892.pdf)中でもベトナ...

日本国内では少子化の影響から労働人口の現象が急速に進んでおり、若い優秀な人材を確保するのが非常に困難となってきおり、企業は生き残りをかけて外国人労働者の積極的採用に注力し始めています。とはいえ、単に外国人を雇えばいいというものではなく企業の即戦力となりうる技術を要した人材であることや、日本語コミュニケーションに問題がない人物であることなど、正式雇用に至るまでにはいくつかのハードルが存在します。優秀...

トップへ戻る