外国人の採用と雇用に関する記事の一覧

日本国内では人材不足の問題や新たな商戦獲得のため、グローバル展開を目指して外国人を採用しようとする企業が増えてきています。しかし、いざ外国人雇用を行おうとした際にどのような手続きを取ったらよいのか、注意すべき点はどんなことか、といったことについてよくわからないという人も多いのではないでしょうか。今回は外国人を採用し雇用する際の注意すべきポイントについてまとめました。外国人を採用し雇用するときの注意...

2019年4月施行の「改正入管法」により、日本国内の外国人労働者は益々増加傾向にあります。厚生労働省の発表では、2018年10月末時点での外国人労働者数は146万463人。一部によると、日本国内の労働者の46人に1人は外国人という計算もあります。国籍別では、中国(38万9,117人)がトップで、次いでベトナム(31万6,840人)、フィリピン(16万4,006人)が続きます。また、ブラジル、ネパー...

毎年増え続ける外国人労働者。厚生労働省の発表では、2018年10月末時点での外国人労働者数は146万463人。一部によると、日本国内の労働者の46人に1人は外国人という計算もあります。中国、ベトナム、フィリピン、ブラジル、ネパール、韓国、インドネシアと、日本での外国人労働者は多国籍化の傾向にもあります。このような外国人労働者増加の中、企業側としても外国人労働者の労働環境整備について関心が高くなるの...

日本における外国人労働者の数は年々増えており、政府としても外国人労働者の活用を進めていくとの方針から、外国人労働者はより私たちの身近な存在になっていくと考えられます。日本人の雇用では、わからないことがあれば自社の顧問税理士や社労士などに相談しながら進めていくことができますが、では、外国人を雇用する際に不明点が生じたとき、一体誰に相談すればいいのでしょうか。いざという時の相談窓口を一つ持っておくかそ...

昨今、日本国内の外国人労働者は益々増加傾向にあります。厚生労働省の発表では、2018年10月末時点での外国人労働者数は146万463人にも上るとのこと。2019年4月施行の「改正入管法」により、人材不足が顕著な業種では単純労働での外国人材活用が可能になりました。今後さらに拡大される見込みの外国人労働者。経営者や企業の採用担当にとっても、外国人労働者の採用がより身近になっていくと考えられます。いざ外...

年々増加している外国人労働者。あなたの会社でも、外国人を採用してみようという声が具体的に上がっているのではないでしょうか?2019年4月からは、単純労働の分野でも外国人労働者が就労できる「特定技能」での在留資格がスタートし、今後もますます外国人労働者は企業にとって身近な存在となっていくでしょう。では、その外国人労働者を実際に雇用する際には、具体的にどのような書類や手続きが必要なのでしょうか。日本人...

会社で労働者を雇用した場合には、労働条件に合わせて社会保険加入の手続きが必要ですが、では、外国人労働者を雇用する場合には、社会保険はどのように扱うことになるのでしょうか?昨今の外国人労働者の積極的活用の流れを受けて、知識や技術を持ち合わせた外国人労働者が採用市場のどんどん入ってきています。厚生労働省の発表では、2018年10月末時点での外国人労働者数は146万463人。一部によると、日本国内の労働...

昨今、日本における外国人労働者の数は年々増加しています。これまでは特定の高い知識や技術を持った外国人労働者のみが日本で就労することができましたが、2018年の11月2日に「入管法改正案」が閣議決定されたことを受けて、2019年4月より外国人の雇用がしやすい環境が制度的にもさらに整ってきています。企業の採用担当においても、外国人を採用してみようという流れが少しずつ高まりつつあるのではないでしょうか?...

2019年4月施行の「改正入管法」により、人材不足が深刻な14業種を対象に、一定の技能と日本語能力のある外国人に日本での就労を認めることになりました。このことにより、日本は単純労働での外国人材活用にも扉を開くことになります。外国人労働者活用の施策に積極的な流れから見ても、今後日本の企業で外国人労働者を受け入れ、活用していく流れは大きくなっていくでしょう。これまで特に視野に入れていなかった会社でも、...

外国人を採用にするにあたり、日本語でのコミュニケーション能力は採用の判断基準に一つになります。その際に日本語をどれだけ扱えるのかをはかるために必要なものとして「日本語能力試験(JLPT)」をはじめとした日本語能力判定テストがあります。これらの試験は外国人の採用面接をする際の評価基準として広く知られているもので、多くの外国人の方が受験しています。日本語能力の有無や現在のレベルを試験の結果から判断する...

2019年4月施行の「改正入管法」により、日本国内の外国人労働者は益々増加傾向にあります。厚生労働省の発表では、2018年10月末時点での外国人労働者数は146万463人。一部によると、日本国内の労働者の46人に1人は外国人という計算もあります。増え続ける外国人労働者ですが、一部の業界を除いて、基本的にはその分野の知識・技能を十分に持った外国人のみが、就労可能な在留資格を取得し、日本で外国人労働者...

外国人を雇用する時に最も複雑で個別対応の必要となるのが「在留資格」の扱いです。個々によって在留資格の有無、期間、種類が異なりますので、雇用側としてはきちんと把握し、調整や管理をしていく必要があります。とはいえ、外国人採用にまだ慣れていない企業の場合には、対応する中で戸惑う場面もあるでしょう。この記事では、外国人を採用するならぜひ頭に入れておきたい、在留資格の就労制限や永住権などについてお伝えします...

少子化の影響による日本人の労働者雇用が年々難しくなってきている今、外国人の労働者獲得に向けて企業が精力的に活動し始めています。出入国在留管理庁の情報によると、令和元年(2019年)6月末段階での在留外国人数は282万9,416人であり、2018年度末に比べ98,323人の増加を記録し過去最高となっています。このうち、厚生労働省が発表した就労している外国人の数(外国人雇用の届出状況)の情報では、20...

世界的なIT人材の需要増加の影響もあって、日本でもエンジニアの不足が深刻化しています。経済産業省が2018年6月に発表している「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」の報告書によると、2010年代後半から2020年にかけ、IoTや人工知能、ブロックチェーン、情報セキュリティといった分野のニーズ拡大によって人材不足は加速しており、各企業とも人材の育成や確保に向けた取り組みを強化しています。2...

ものづくりにおいても化学業界や飲食料品・医薬品業界において発展が続いており、ものづくりの技術者が求められるようになりました。このような超スマート社会を生き抜く為に、企業には新しい時代に適した価値創造ができるIT人材やものづくりエンジニアが必要になります。そこで今回は、現在のエンジニア採用状況から新しい採用経路である外国人エンジニアの採用についてご紹介します。就労ビザの取得条件就労ビザを取得するため...

昨今、日本においてもグローバル化の波が急速に進んでおり、国内のIT人材不足も相まって外国人のITエンジニアを採用したいと考える企業も増えてきています。特に2020年の東京オリンピックに向けてインバウンドビジネスが佳境を迎えている中、ITサービスの事業展開を行おうと考えているところもまだまだあるようです。一般的には外国人のITエンジニアを採用しようと考えた場合、まずハローワークや転職サイト、構成労働...

外国人労働者の積極的活用の流れを受けて、企業側の外国人労働者採用へのハードルもどんどん下がりつつあります。慢性的な人材不足や、海外進出、優秀な人材確保などの理由から、外国人を正社員として採用することを具体的に検討し出した企業もあるでしょう。今回は、外国人労働者を正社員として雇用する場合に知っておきたい事柄をまとめました。正社員採用が可能な外国人・職種の特徴2017年時点で、日本で働く外国人の数は過...

IT技術の進歩は非常に目覚ましく、ここ最近はAIやIoT、ブロックチェーンといった技術革新を目にする機会も増えてきています。その一方で、開発する側のエンジニアの人材不足が深刻化してきています。日本では少子化に伴い若年層の優秀なエンジニア採用が非常に難しくなっており、転職市場などではエンジニアの求人は引く手あまたで、募集をかけてもなかなか出てこないという現実もあります。そんな中、多くの企業が外国人エ...

トップへ戻る